特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)について

NPO法人S-AIRは、1999年度より文化庁などの補助金を受けて北海道でアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を開始しました。NPO法人となった2004年度以降は、ICC(さっぽろ産業振興財団、インタークロス・クリエイティブ・センター)との共催でAIR事業を継続し、特に近年の創造拠点交流事業では、国内外のアートセンターやアーティストとのネットワークを形成しています。2011年度からは、新たに文化庁より補助金を受け、「FRONTIER」という新たなプログラムを開始しました。その他、文化庁や札幌市文化芸術振興助成金、ポーラ美術振興財団、国際交流基金などから助成を受けて事業を行った実績があります。

アーティスト招聘事業
[ S-AIR Residency Programme -FRONTIER-]
1999年の実行委員会設立から、2014年度終了までに、16年間で34カ国・84名のアーティスト招聘(一ヶ月以上滞在のAIR事業・プロジェクトに限る)の実績があります。「FRONTIER」プログラムでは、1期に2名ずつ、年間4名のアーティストを招聘しています。

[ JENESYS Programme ](2012年度終了)
2008年度から2012年度まで、東アジアクリエーター交流プログラム「JENESYS Programme」(国際交流基金)の受け入れを行った。 S-AIRでは、5年間でアジア大洋州の国々から選出されたアーティストを計10名招聘しました。

アーティスト派遣事業
S-AIR AWARD
招聘事業以外にも、独自のネットワークを活用し、札幌のアーティスト・クリエーターの支援を目的として海外へ派遣する事業、S-AIR AWARD(制作活動助成プログラム)を2006年度より開始、2011年度は地元だけではなく全国からアーティストの選出も試みました。毎年若手アーティスト、クリエーターを海外のレジデンス・プログラムなどへ派遣するコーディネートを行っています。2014年度終了までに、計15名のアーティストを派遣しました。

その他の事業
過去には、「アートあけぼの 04-05」、「アーティスト・イン・スクール03-07」(現・AISプラニング)など、コミュニティ施設や小学校などの教育現場に、AIR関連事業を持ち込む新しい形のAIR事業運営を実践。2004年度には「アートNPOフォーラムin札幌」の運営に関わるなど、AIR事業とは別にコンサートやワークショップ、アート・プロジェクトなど文化事業全般の企画運営も通年業務としています。

国内の他の多くのAIRプログラムが、自前の施設を使って事業運営を行う中、S-AIRでは、レジデントの住居とスタジオ以外は特定の場所を保有していません。このため、レジデントのニーズ、事業ケースに応じて変幻自在に事業プロセスを構築することができ、この点はS-AIR大きな特徴とも言えます。また、このようなプロセスを通じ、自然に他の施設、団体との連携がおこり、ネットワークを広げていくこととなり、それが今日のS-AIRが、道内、札幌における文化事業コーディネーター、つなぎ手として評価されていることに繋がっていると考えます。

引き続き、国際的なAIR運営者として海外および国内におけるアート・アクティビティの調査活動やネットワーキングを積極的に行い、さらに札幌という地域性を最大限に活かした文化事業を企画運営していく予定です。
(2015年10月現在)

活動の詳細はHPをご覧ください。
S-AIR Website http://www.s-air.org
S-AIR Blog  http://sairblog.wordpress.com/

特定非営利活動法人S-AIR
柴田 尚   代表/北海道教育大学岩見沢校教授、アート・ディレクター
東方悠平   プログラム・ディレクター/アーティスト


NPO法人S-AIR

060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A 〈Google Map〉
http://www.s-air.org
http://sairblog.wordpress.com/
info@s-air.org
TEL 011-299-1883




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

About NPO S-AIR

S-AIR was established in 1999 with partial funding by the Agency for Cultural Affairs, to run an artist-in-residence programme in Hokkaido. Since it was approved to be a non-profit organisation in 2004, S-AIR started a collaborative residency project with ICC, in which we have been building networks with Japanese and international artists as well as art institutions in Japan and overseas. In 2011, S-AIR initiated a new programme, FRONTIER, which is supported by the Agency for Cultural Affairs. Other associated programmes were funded by the Agency for Cultural Affairs, the City of Sapporo, Pola Foundation and Japan Foundation.

[Programmes for International Artists]
ICC+S-AIR 2012 -FRONTIER-

Since the establishment of S-AIR Committee Board, S-AIR has hosted 84 artists in total from 34 countries over the period of 16 years (as of March 2015). On FRONTIER programme, 2 artists/curators each term, 4 artists/curators in total per year are invited to participate in the programme.

JENESYS Programme - until 2012
From 2008 for 5 years, S-AIR hosted 10 artists in total from countries in Asia and Oceania for JENESYS (Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths) Programme organised by Japan Foundation.

[Programmes for Local/National Artists]
S-AIR AWARD

Alongside of hosting international artists in Sapporo, the S-AIR AWARD was set up in 2006 to offer residency opportunities for local artists to live and produce art work abroad using the network that S-AIR had been building up. In 2011, the award was also open for a non-local artist. Until the end of March 2015, the award have been given to 15 artists.

[Other Projects]
S-AIR have organised different projects such as 'Art Akebono 04-05' and 'Artist-in-School' (now run by AIS Planning) with a new approach, in which the idea of residency has been taken into an educational environment including community centres and elementary schools. In 2004, S-AIR was involved in the organising of 'Art NPO Forum in Sapporo', and has been regularly initiating and running various cultural projects such as concerts, workshops, art projects.

Whilst many organisations use their own spaces to run residency programmes, S-AIR is unique in such a way that it does not run any space except residential rooms and studios for international artists. This is why S-AIR can work flexibly case by case according to the type of projects and to artists' requirements, which is one of the strong characteristics of S-AIR. Through this flexible process, new project opportunities always arise naturally with other institutions and organisations, which leads to a wider network. For this, S-AIR has achieved its reputation as a leading coordinator in cultural projects in Sapporo and in Hokkaido.

S-AIR will continue to commit itself in researching art activities and in developing its established links in Japan and internationally whilst initiating cultural projects that would bring out the most of the regional characteristics of Sapporo.
(As of March 2013)

Find out more about our activities on our website and blog:
S-AIR Website http://www.s-air.org
S-AIR Blog  http://sairblog.wordpress.com/

Members of Staff at S-AIR

Hisashi Shibata
Director / Professor at Hokkaido University of Education Iwamizawa Campus, Art Director

Yuhei Higashikata
Programme Director, Artist

How to find us

NPO S-AIR
3F-A, North 6 East 2-2-10, Higashi-ku, Sapporo, 060-0906 JAPAN  〈Google Map〉
http://www.s-air.org
http://sairblog.wordpress.com/
info@s-air.org
TEL +81-11-299-1883




Top